生涯研修SEMINAR

B会場

6月3日(日)

14:40-15:30 ( 50分)

株式会社 コムネット  ]

「行きたくなる歯科医院」づくりの必需品!~痛くない・早い・データ化できる検査で歯周病が変わる!~

「行きたくなる歯科医院」づくりの必需品!~痛くない・早い・データ化できる検査で歯周病が変わる!~

「The P ken」開発者・歯学博士

秋広 良昭  先生

要約:
歯周検査を受け易く痛みのない検査器具の開発が待たれていました。
歯科も、AIやIotの時代に乗り遅れないために、自覚がない潜在歯周病患者を掘り起こし新患数を増やす、歯科が変わるのは「今」です。

本セミナーでは『痛い』、『煩雑』、『時間がかかる』、『長時間のしんどい覗き込み』を革新する画期的な歯周ポケット深さ測定機器「The P ken」 を開発した秋広氏に、The P ken の開発の狙いと健康長寿、医療費削減、スタッフのモチベーション向上と医院経営向上について多角的関係の講義をしていただきます。

潜在歯周病患者総数は、全国に6,000万とも8,000万人いるともいわれております。この膨大な潜在患者さんを歯科医院に呼び戻せないと、歯科氷河期は永遠に終わりません。

歯周病は自覚症状なしに進行するに留まらず、進行中の歯周病菌が生活習慣病その他疾病への発症要因ともなっています。市民の健康を守る歯科関係者として、ガンと同様に歯周病も自覚症状の出る前に発見して上げることが大事であり必須です。歯周検査を受け易くする為の条件は、医科のガン検診で普及して居る様に痛みが無いという条件が必須です。

歯周検査を受け易く、痛みのない検査器具の開発が待たれていました。歯科も世の中のAIやIotの時代に乗り遅れない様に、思考脱皮しないでいるといずれ氷結して掘り出されるマンモス象となります。自覚がない潜在歯周病患者を掘り起こし新患数を増やす、歯科が変わるのは「今」です。

http://www.comnt.co.jp/