生涯研修SEMINAR

C会場

6月3日(日)

13:30-14:20 ( 50分)

株式会社 ヨシダ  ]

いろいろなシステムを見て

いろいろなシステムを見て

大阪セラミックトレーニングセンター宮崎校 校長
歯科技工士

佐々木正二  先生

要約:
デジタル技工機器の益々の普及により、オープンシステムの様々な製品を組み合わせて活用している技工所も多いと思います。しかし、オープンシステムによる互換性のあるデジタルデータとは言っても、ソースが口腔内スキャナか模型用スキャナか、加工機が乾式か湿式か、加工方式はどうであるか、さらには各メーカーの設計思想や機械のクセなどによって、完成した技工物には微妙な違いが生じてくると感じています。
今回いろいろな製品を使用しながらその違いを検証し特性を理解することで、データや機械に盲従するのでは無く、デジタルに対して如何に技工士のアナログな味付けを施していくかが重要であるとの思いから、実例を交えてご報告します。