生涯研修SEMINAR

D会場

6月3日(日)

11:10-12:00 ( 50分)

日本歯科薬品株式会社  ]

口腔乾燥患者が快適に使用できる義歯安定剤

口腔乾燥患者が快適に使用できる義歯安定剤

国立長寿医療研究センター 歯科口腔先進医療開発センター センター長

角 保徳  先生

要約:
超高齢社会を迎え、快適な食生活を維持するために義歯安定剤を必要とする患者が増加しています。現在、よく使用されている義歯安定剤としてクリーム、粉末、シートタイプがありますが、これらは全て唾液(水分)を吸収することで粘着力が高くなるように設計されており、唾液が少ない口腔乾燥患者では高い粘着力を発揮することができません。唾液が少ない状態で既存の義歯安定剤を使用すると、装着時に痛みや違和感が生じ、QOLを低下させます。また、粘膜を傷つけやすくなり、褥瘡性潰瘍のリスクも高まります。本セミナーでは、こういった諸問題を解決するべく、新たに開発した口腔乾燥患者が快適に使用できる義歯安定剤についてお話しします。