生涯研修SEMINAR

B会場

6月3日(日)

13:30-14:20 ( 50分)

株式会社 モリタ  ]

歯科が担う「口腔機能改善と口腔ケアの重要性」   ~患者さんに寄り添う口腔ケア・口腔リハビリ~

歯科が担う「口腔機能改善と口腔ケアの重要性」   ~患者さんに寄り添う口腔ケア・口腔リハビリ~

村田歯科医院 院長(神奈川県茅ヶ崎市開業)
全国訪問歯科研究会(加藤塾)所属

黒岩恭子  先生

要約:
近年、一層の高齢化を背景に患者さんの全身症状も重度化している傾向にあります。それに伴う口腔環境の劣悪な状況そして、口腔内の汚染によりさらに重症化している状況も見受けられます。
要介護状態である患者さんの口腔機能を改善し維持するには、口腔ケア・口腔リハビリが重要です。また、その際のポジショニンングも大切です。
そこで、今回のセミナーでは、歯科が口腔機能の改善を担い、最期まで食べられる口をつくるために簡単かつ効果的に成果を出すことができる「くるリーナブラシ」を使った口腔ケアと口腔リハビリの方法、ポジショニングの有効性についてお伝えできたらと思います。