生涯研修SEMINAR

C会場

6月3日(日)

12:20-13:10 ( 50分)

株式会社 ジーシー  ]

超高齢社会を迎える日本において、どのように歯科医院を経営し、マイクロスコープを活用していくか?~2018年現在、既に超高齢社会にある歯科医院から~

超高齢社会を迎える日本において、どのように歯科医院を経営し、マイクロスコープを活用していくか?~2018年現在、既に超高齢社会にある歯科医院から~

・医療法人NATURAL TEETH 理事長・臨床応用顕微鏡歯科学会 会員
・東北大学大学院歯学研究科 予防歯科学分野 非常勤講師

高﨑 智也  先生

要約:
2005年5月、長崎県平戸市生月(いきつき)島で開業してから、今年で14年目に入る。開業時より人口が25%減少、65歳人口は約50%と急速に過疎と高齢化が進んでいる。そんな中、開業時より予防を軸にした歯科医院作りを心がけ、歯科衛生士7名、自費予防会員450名となった。今回、僻地と呼ばれる場所で、どのように歯科衛生士が集まり、一緒に学んでいるか御紹介したい。更に4つ全ての診療室にマイクロスコープと動画録画プレゼンテーションシステムを導入出来た経緯もお伝え出来たらと思う。当院の取り組みが、今後、日本各地で進む高齢化社会の中での、歯科医院経営の参考になれば幸いです。