生涯研修SEMINAR

A会場

6月2日(土)

15:00-17:00 ( 2時間)

一般社団法人 福岡県歯科医師会  ]

SPTを基本に長期メインテナンスを考える

東京医科歯科大学臨床研修医指導医

内山 茂  先生

要約:
歯科臨床で最も大切なことは継続した細菌のコントロール(infection control)です。プロが行うinfection controlは歯肉縁上と歯肉縁下に分けて考えます。PMTCはそのうちの歯肉縁上、デブライドメントは歯肉縁下のプロケアのテクニックとして位置付けられます。
本講演では、それらの話題とともに、生涯にわたってメインテナンスを継続するための秘訣、SPTの具体的内容などについて解説します。医院の総合力を高めるためにぜひご受講ください。

細目
 ・う蝕・歯周病の予防・管理におけるPMTCの位置付け
 ・プロケアとセルフケアのバランス
 ・SPTにおけるPMTCと歯周デブライドメントのポイント
 ・メインテナンス継続のための秘訣