セミナーSEMINAR

6月2日(土)

時間 A会場 B会場
15:00

15:50

15:00 >> 17:00

[一般社団法人福岡県歯科医師会]

「SPTを基本に長期メインテナンスを考える」

内山 茂 先生

[ウエルテック株式会社]

「インプラント治療におけるメインテナンスの悩みを解消!」

~明日から使えるインプラントメインテナンス術~

本田 貴子 先生

16:10

17:00

[クルツァージャパン株式会社]

「歯科におけるデジタル技工のその先」

奥村 靖廣 先生

17:20

18:10
 

[株式会社モリタ]

「歯内療法の新たな可能性」

~確実に根管治療を行うには~

伊澤 真人 先生

時間 C会場 D会場
15:00

15:50

[株式会社ヨシダ]

「補綴治療におけるデジタル化ワークフローにどう対応するか」

~デジタル化時代の不易流行~

井上 みゆき 先生

[日本アイ・エス・ケイ株式会社]

「歯科訪問診療 今後の課題と展開」

前田 実男 先生

16:10

17:00

[ライオン歯科材株式会社]

「神対応TBI ブラッシング指導のスペシャリストになろう」

沢口 由美子 先生

[日本歯科薬品株式会社]

Bioactive Glass配合の次世代型根管用シーラー

「ニシカキャナルシーラーBG」の特長と臨床、将来への期待

鷲尾 絢子 先生

17:20

18:10

[白水貿易株式会社]

「明日から役立つマイクロスコープの選び方・使い方」

柴原 清隆 先生

[株式会社モモセ歯科商会]

「ストレス軽減で仕事の効率をアップ」

加藤 久子 先生

時間 E会場
14:15

14:45

[一般社団法人 福岡県歯科医師会]

【新施設基準対応講習会】

「歯科点数表の初診料の注1に規定する施設基準(院内感染防止対策)」

[注]講習会の申し込みは、福岡県歯科医師会ホームページ若しくはFAX(092-771-2988)で事前に申し込みください。

6月3日(日)

時間 A会場 B会場
10:00

10:50

10:00 >> 12:00

[一般社団法人 福岡県歯科医師会]

「実践しよう!セルフケア処方」

~予防の成果を高めるケアプランのポイント~

加藤 正治 先生

[株式会社コムネット]

「スタッフを逃がさず、患者さんをとりこにする!」

~院長にはスタッフや患者さんの「心の声」が届いていますか?~

山崎 芳徳 先生

福田 英一 先生

11:10

12:00

[株式会社茂久田商会]

「カンタンにファイル1本で、スピード根管治療」

佐藤 暢也 先生

12:20

13:10

12:30 >> 14:30

[一般社団法人福岡県歯科医師会]

コーディネーター
河原 英雄 先生

「技工士も知るべき河原式リマウントテクニック」

古賀 智也 先生

「魔法のような奇跡の前咬み総義歯」

松岡 金次 先生

「元気な学校のタネあかします」

山田 誠 先生

[YAMAKIN株式会社]

「TMR-MTAセメントの5つの特徴」

溝渕 真吾 先生

13:30

14:20

[株式会社モリタ]

「歯科が担う『口腔機能改善と口腔ケアの重要性』 」

~患者さんに寄り添う口腔ケア・口腔リハビリ~

黒岩 恭子 先生

14:40

15:30

[株式会社コムネット]

「行きたくなる歯科医院」づくりの必需品!

~痛くない・早い・データ化できる検査で歯周病が変わる!~

秋広 良昭 先生

時間 C会場 D会場
10:00

10:50

[山八歯材工業株式会社]

「WorkNCDental」を用いた最新の加工事例紹介

瓜生 博伺 先生

[大榮歯科産業株式会社]

「トータルヘルスプログラムが提供するセルフケア処方」

辻村 傑 先生

11:10

12:00

[株式会社ヨシダ]

「全てのデンティストに知ってほしい、正しい形成・印象の基本」

~光学カメラ、院内CAD/CAMシステムの運用とアウトソーシングの考え方~

小窪 秀義 先生

[日本歯科薬品株式会社]

「口腔乾燥患者が快適に使用できる義歯安定剤」

角 保徳 先生

12:20

13:10

[株式会社ジーシー]

「超高齢社会を迎える日本において、どのように歯科医院を経営し、マイクロスコープを活用していくか?」

~2018年現在、既に超高齢社会にある歯科医院から~

(公社)兵庫県歯科衛生士会 副会長
兵庫歯科学院専門学校 非常勤講師

高﨑 智也 先生

[株式会社松風]

「歯科医院における口腔写真の活かし方」

~アイスペシャルCⅢを用いて~

谷山 香織 先生

13:30

14:20

[株式会社ヨシダ]

「いろいろなシステムを見て」

佐々木 正二 先生

[デンツプライシロナ株式会社]

「違いのわかる歯科医とは?」

山崎 芳徳 先生

税理士 福田税務・労務合同事務所長(福岡市) 歯科臨床・心理カウンセラー

砂田 勝久 先生

時間 E会場
10:00

15:35

[一般社団法人 福岡県歯科医師会]

【新施設基準対応講習会】

「かかりつけ歯科医機能強化型歯科診療所」 「歯科外来診療環境体制加算」

「在宅療養支援歯科診療所」

「歯科点数表の初診料の注1に規定する施設基準(院内感染防止対策)」

[注]講習会の申し込みは、福岡県歯科医師会ホームページ若しくはFAX(092-771-2988)で事前に申し込みください。

※6月3日開催の院内感染防止対策は15時05分から15時35分で講習

6月2日(土)

15:00-17:00 ( 2時間)

一般社団法人 福岡県歯科医師会  ]

SPTを基本に長期メインテナンスを考える

東京医科歯科大学臨床研修医指導医

内山 茂  先生

歯科臨床で最も大切なことは継続した細菌のコントロール(infection control)です。プロが行うinfection controlは歯肉縁上と歯肉縁下に分けて考えます。PMTCはそのうちの歯肉縁上、デブライドメントは歯肉縁下のプロケアのテクニックとして位置付けられます。
本講演では、それらの話題とともに、生涯にわたってメインテナンスを継続するための秘訣、SPTの具体的内容などについて解説します。医院の総合力を高めるためにぜひご受講ください。

6月3日(日)

10:00-12:00 ( 2時間)

いま,セルフケア製剤の成分や清掃器具を適切に選択して用法とともに処方する「セルフケア処方」が注目を集めています.しかし,薬を飲むだけの処方と違って「セルフケア処方」は,似たような症例に同じ処方をしても同じ成果が得られるとは限りません.逆にいえば,セルフケア処方の正解は一つとは限らないのです.患者さんが受け入れやすい最適な処方を自信持って導き出せるようになりませんか. 本講演では,製剤選びからよくある悩みまで疑問を解決しながらケアプラン立案のポイントを解説いたします.セルフケア処方はまだこれからという方にもわかりやすく構成しますので,是非ご参加下さい.

12:30-14:30 ( 2時間)

一般社団法人 福岡県歯科技工士会  ]

技工士も知るべき河原式リマウントテクニック

前歯でも噛める入れ歯研究会 技工インストラクター
日本顎咬合学会 会員・有床義歯学会 会員・元徳島大学歯学部解剖学履修生 ・九州医療専門学校(旧 九州環境医療福祉専門学校)

古賀智也  先生

バリバリと前歯で煎餅を噛んだ義歯患者。ごく短時間にそれらを可能にしたのが河原リマウントテクニックである。技工士にとって“噛む”を目前にする事の重要性をお話したい。 

12:30-14:30 ( 2時間)

一般社団法人 福岡県歯科技工士会  ]

魔法のような奇跡の前咬み総義歯

1976年セラミックデンタル井川 入社 / 1997年ヴィーナス・デンタル 開業
日本歯科技工士会会員 ・ 日本顎咬合学会会員 ・ 前歯でもかめる入れ歯指導歯科技工士   

松岡金次  先生

日本も超高齢化社会になり総義歯患者数も増加傾向にあります。しかしながら総義歯がうまく噛めていないのが現状です。今の総義歯はパウンドデンチャーのリンガライズドの咬合様式(ナイフとフォークの文化)が主流となつていますがこの咬合では前咬みできません。日本には箸の文化がありますので前歯でも臼歯でもかめる河原メソッドをご紹介いたします。

12:30-14:30 ( 2時間)

一般社団法人 福岡県歯科技工士会  ]

元気な学校のタネあかします。

平成23年4月~現在 博多メディカル専門学校 教務主任
福岡県歯科技工士会 総務理事 ・ 歯科技工士国家試験委員

山田 誠  先生

少子高齢社会の影響で社会の構造が激変しました。そして、歯科技工士養成校では入学生の確保が大変難しくなっています。今回の講演は、元気な専門学校の運営方法について、私が考えている事を中心にお話しさせて頂きます。

6月2日(土)

15:00-15:50 ( 50分)

多くの歯科医院で、欠損補綴の治療方法としてインプラント療法が行われているにも関わらず、インプラントのメインテナンスを苦手とする歯科衛生士が少なくありません。
メインテナンスは行っているが、これでいいのかと不安と疑問を持ちつつ、とりあえずやっている…そんな声を聞くことがあります。
インプラントのメインテナンスは、実はとてもシンプル。
歯科衛生士の役割は、①情報提供②診査③プロフェッショナルクリーニングです。
難しいと考えがちなインプラントメインテナンスを、シンプルに紐解き、症例に応じたケアの方法をお伝します。

16:10-17:00 ( 50分)

クルツァージャパン 株式会社  ]

歯科におけるデジタル技工のその先

歯科におけるデジタル技工のその先

クルツァー ジャパン 株式会社 MBS事業開発室デジタルサービスチーム兼 i-Bridgeセンター センター長

奥村 靖廣 

現在の歯科技工は過去に類を見ない変化をしています。
一般治療、保険診療に限らずデジタルの進化が新たなる技工の世界を広げています。
更なる進化を見据え、デジタル技工の現在と未来について一緒に考えていきましょう。

www.kulzer.co.jp/

17:20-18:10 ( 50分)

株式会社 モリタ  ]

歯内療法の新たな可能性~確実に根管治療を行うには~

高倉歯科マインドクリニック 副院長
日本大学松戸歯学部 兼任講師 / 関東歯内療法学会 理事 / 日本顕微鏡歯科学会 評議員

伊澤真人  先生

歯内療法の新たな可能性~確実に根管治療を行うには~

近年、歯内療法で歯科用顕微鏡、歯科用コンビームCT、根管拡大モーターを活用した根管治療が注目を集めており、これらの医療機器は歯内療法分野において必要不可欠な存在になってきております。一方で、根管治療を成功に導くためには、根管内に存在する感染源を可及的に除去し、長期間安定した封鎖を行なわなければならないという根本は変わっていません。今回は効率よく、またより的確にこれらの目的の達成するためにはこれらの医療機器をどのように活用して行くべきか、必要な知識はどういうものか、について症例を交えながら再考いたします。

6月3日(日)

10:00-10:50 ( 50分)

株式会社 コムネット  ]

スタッフを逃がさず、患者さんをとりこにする!~院長にはスタッフや患者さんの「心の声」が届いていますか?~

スタッフを逃がさず、患者さんをとりこにする!~院長にはスタッフや患者さんの「心の声」が届いていますか?~

歯科医師 やまさき歯科・矯正歯科院長(熊本市)
日本歯科医療相談センター所長

山崎 芳徳  先生

税理士 福田税務・労務合同事務所長(福岡市)
歯科臨床・心理カウンセラー

福田 英一  先生

医院経営で院長が一番苦労しているのが「人」の問題。ズバリスタッフそして患者さんです。スタッフが集まらない。定着しない・患者が来ない・治療が中断したまま来なくなる。その原因はどこにあるのか? スタッフ?患者さん?いえ違います。スタッフに選ばれ、患者さんを離さない医院経営の根本、成功の秘訣を、九州デンタルショーの名物コンビ、山崎芳徳氏(熊本市開業)と福田英一氏〈税理士)が伝授します。

http://www.comnt.co.jp/

11:10-12:00 ( 50分)

株式会社 茂久田商会  ]

カンタンにファイル1本で、スピード根管治療

カンタンにファイル1本で、スピード根管治療

港町歯科クリニック 院長
東北大学歯学部歯科保存学分野 非常勤講師 学会活動

佐藤 暢也(さとう のぶや) 

レシプロック・ソフト(VDW)は, 折れにくく安全な往復運動によって, すばやくNiTi ファイル1本のみで根管形成ができます. ユニットにコントラヘッドを挿すだけで、専用モーターも使わず、予後の良いエンド治療が簡単に手に入ります. 彎曲, 狭窄,洗浄方法などに悩んできた,根管治療に取り組む術者の意欲と自信を, 劇的に高めています.
今回は,たくさんの 『新製品』 も加わったトータルエンドシステムに触れて, 最新のスピード根管治療を体得してください.

12:20-13:10 ( 50分)

YAMAKIN 株式会社  ]

TMR-MTAセメントの5つの特徴

TMR-MTAセメントの5つの特徴

YAMAKIN株式会社 主任研究員(プロジェクトリーダー)

溝渕 真吾 

MTAセメント(ケイ酸カルシウム系セメント)は,抗菌性,封鎖性,生体親和性,硬組織誘導性などにおいて優れた性質を有しており,薬事承認されている直接覆髄のほかにも,穿孔封鎖,逆根管充塡などさまざまな用途に応用されている.しかし,MTAセメントは,従来の歯科用セメントと比べて粉末と水との練和が難しいことや硬化時間が長いことなどの課題がある.さらに,MTAセメントは臨床使用において経時的に黒く変色する場合があるといった問題も報告されている.
本講演では、北海道医療大学とYAMAKIN株式会社との共同研究により開発された「TMR-MTAセメント」の5つの特徴について紹介させていただく.

13:30-14:20 ( 50分)

株式会社 モリタ  ]

歯科が担う「口腔機能改善と口腔ケアの重要性」   ~患者さんに寄り添う口腔ケア・口腔リハビリ~

歯科が担う「口腔機能改善と口腔ケアの重要性」   ~患者さんに寄り添う口腔ケア・口腔リハビリ~

村田歯科医院 院長(神奈川県茅ヶ崎市開業)
全国訪問歯科研究会(加藤塾)所属

黒岩恭子  先生

近年、一層の高齢化を背景に患者さんの全身症状も重度化している傾向にあります。それに伴う口腔環境の劣悪な状況そして、口腔内の汚染によりさらに重症化している状況も見受けられます。
要介護状態である患者さんの口腔機能を改善し維持するには、口腔ケア・口腔リハビリが重要です。また、その際のポジショニンングも大切です。
そこで、今回のセミナーでは、歯科が口腔機能の改善を担い、最期まで食べられる口をつくるために簡単かつ効果的に成果を出すことができる「くるリーナブラシ」を使った口腔ケアと口腔リハビリの方法、ポジショニングの有効性についてお伝えできたらと思います。

14:40-15:30 ( 50分)

歯周検査を受け易く痛みのない検査器具の開発が待たれていました。
歯科も、AIやIotの時代に乗り遅れないために、自覚がない潜在歯周病患者を掘り起こし新患数を増やす、歯科が変わるのは「今」です。

本セミナーでは『痛い』、『煩雑』、『時間がかかる』、『長時間のしんどい覗き込み』を革新する画期的な歯周ポケット深さ測定機器「The P ken」 を開発した秋広氏に、The P ken の開発の狙いと健康長寿、医療費削減、スタッフのモチベーション向上と医院経営向上について多角的関係の講義をしていただきます。

http://www.comnt.co.jp/

6月2日(土)

15:00-15:50 ( 50分)

近年のデジタル技術の進歩により、補綴臨床におけるワークフローは大きく変わろうとしている。審査診断、治療計画、施術支援や補綴物製作など様々な工程でデジタル化が進んできた。また、ジルコニアやCADCAM冠など従来法ではなし得なかった材料の加工を可能にすることにより、メタルフリー化など患者様のQOL向上に大きく貢献してきている。
また、口腔内スキャナーの進化により、時間短縮だけでなく、患者負担の軽減、コミュニケーションツールとしても大きな効果をもたらしつつある。
このような時代に私達デジタルテクニシャンは、従来培った技術を活かしつつ、デジタルデンティストリーとどう向き合いどう対応していくかを考える。

16:10-17:00 ( 50分)

大人へのブラッシング指導って難しい、マンネリになる、モチベーションを保つって難しいって思っていませんか?
患者さんが少しでも磨けるようにするためには、それぞれの特徴を理解することが大切です。
歯ブラシの毛のこと、プロとして色々な特徴や特性を患者さんに伝えてください。
きっとこのセミナーが終わるころには、自信をもって患者さんとお話ができるようになっていますよ!

http://www.lion-dent.com/dental/

 資料

17:20-18:10 ( 50分)

白水貿易株式会社  ]

明日から役立つマイクロスコープの選び方・使い方

明日から役立つマイクロスコープの選び方・使い方

柴原歯科医院  太宰府インプラント研究所 院長
日本顕微鏡歯科学会認定医・評議員

柴原 清隆   先生

マイクロスコープの歯科臨床への導入が爆発的に広がりを見せています。しかしどの機種を購入すれば良いのかが分かりにくい上に、いざ購入したものの今の自院の診療の流れにどのように生かせば良いのかを学ぶ機会に乏しいのが現状です。関東圏での新規開業ではほとんど全ての歯科医院に導入されており、今後マイクロスコープが歯科に入り込んで来ることは確実と言えます。本セミナーではマイクロスコープの特徴を解説し保険・自費に関わらずすべての治療に効果的に取り入れる方法を供覧します。

6月3日(日)

10:00-10:50 ( 50分)

山八歯材工業株式会社  ]

「WorkNCDental」を用いた最新の加工事例紹介

「WorkNCDental」を用いた最新の加工事例紹介

株式会社データ・デザイン
セールスユニット ヘルスケアG

瓜生博伺 

 本セミナーでは、CAMソフトウェア「WorkNCDental」を用いた、各社切削加工機よる加工事例を中心に、多種多様なCAD/CAMマテリアルの幅広い使用事例、今後の展望について株式会社データ・デザイン瓜生様よりお話をさせて頂きます。
 また、ご好評いただいております山八歯材工業株式会社製CAD/CAM用ハイブリッドレジンブロック「アルテサーノ(保険適用)」につきましても、本セミナー内にて最新の情報をご案内させて頂きます。
 皆様のご参加を心よりお待ち申し上げます。

https://www.open-dental.jp/

11:10-12:00 ( 50分)

近年、益々とCAD/CAMの注目が高まっている。
保険適用の範囲も広がり、今後も更なる普及が予想される。
一方で割れる・外れるといったトラブルを経験され、少なからず懸念されている先生もいらっしゃるかと思う。
本セミナーではより良い補綴物の製作に役立てるCAD/CAMに応じた正しい形成と印象のポイントを解説する。
また近年更に進化した光学カメラ「トロフィー3DIプロα」を用いた印象や、院内でのCAD/CAMシステム「コエックスシリーズ」の運用を紹介し、著しく成長するデジタルデンティストリーの展望を考察する。

12:20-13:10 ( 50分)

株式会社 ジーシー  ]

超高齢社会を迎える日本において、どのように歯科医院を経営し、マイクロスコープを活用していくか?~2018年現在、既に超高齢社会にある歯科医院から~

超高齢社会を迎える日本において、どのように歯科医院を経営し、マイクロスコープを活用していくか?~2018年現在、既に超高齢社会にある歯科医院から~

・医療法人NATURAL TEETH 理事長・臨床応用顕微鏡歯科学会 会員
・東北大学大学院歯学研究科 予防歯科学分野 非常勤講師

高﨑 智也  先生

2005年5月、長崎県平戸市生月(いきつき)島で開業してから、今年で14年目に入る。開業時より人口が25%減少、65歳人口は約50%と急速に過疎と高齢化が進んでいる。そんな中、開業時より予防を軸にした歯科医院作りを心がけ、歯科衛生士7名、自費予防会員450名となった。今回、僻地と呼ばれる場所で、どのように歯科衛生士が集まり、一緒に学んでいるか御紹介したい。更に4つ全ての診療室にマイクロスコープと動画録画プレゼンテーションシステムを導入出来た経緯もお伝え出来たらと思う。当院の取り組みが、今後、日本各地で進む高齢化社会の中での、歯科医院経営の参考になれば幸いです。

13:30-14:20 ( 50分)

株式会社 ヨシダ  ]

いろいろなシステムを見て

いろいろなシステムを見て

大阪セラミックトレーニングセンター宮崎校 校長
歯科技工士

佐々木正二  先生

デジタル技工機器の益々の普及により、オープンシステムの様々な製品を組み合わせて活用している技工所も多いと思います。しかし、オープンシステムによる互換性のあるデジタルデータとは言っても、ソースが口腔内スキャナか模型用スキャナか、加工機が乾式か湿式か、加工方式はどうであるか、さらには各メーカーの設計思想や機械のクセなどによって、完成した技工物には微妙な違いが生じてくると感じています。
今回いろいろな製品を使用しながらその違いを検証し特性を理解することで、データや機械に盲従するのでは無く、デジタルに対して如何に技工士のアナログな味付けを施していくかが重要であるとの思いから、実例を交えてご報告します。

6月2日(土)

15:00-15:50 ( 50分)

日本アイ・エス・ケイ 株式会社   ]

歯科訪問診療 今後の課題と展開

歯科訪問診療 今後の課題と展開

日本訪問歯科協会 広報担当理事

前田実男 

厚生労働省が示す在宅歯科医療の推進は、同時に患者さんや介護者が求めていることでもあります。今後さらに多くの歯科医院が訪問診療に取り組まれるようになるでしょう。一方患者さんやご家族・介護事業所が訪問診療に求めるレベルは、10年前に比べずいぶん高度なものになってきています。このような中、訪問診療に取り組まれる方が、どのような知識やスキルが必要になるのか、一般的な歯科医院が無理なく展開できる取り組み方をお話しいたします。また、多職種連携を歯科医院から働きかけるための仕組み作りのヒントもご紹介します。

16:10-17:00 ( 50分)

昨年末、Bioactive Glassを配合した次世代型根管用シーラー「ニシカキャナルシーラーBG」が発売されました。本材はBioactive Glassの配合により、従来の根管用シーラーを超えるすぐれた封鎖性と生体親和性を示し、根尖部の治癒環境を整えます。さらに、誰が練っても、いつも同じ仕上がりというすぐれた操作性も兼ね備えています。本材は、次世代型根管用シーラーとして臨床での応用展開に期待が持たれています。今回は、本材の製品特長や臨床使用例、さらに将来に向けての期待について講演します。

17:20-18:10 ( 50分)

ストレスなしで仕事を行いたいのは、日本、アメリカどちらのスタッフも同じだと思います。

1.アシスタント時の注意事項と対策
2.メインテナンス、SRPの際の注意と対策
3.アメリカ流歯科医院でのストレス軽減方法

これらの対策を活かして仕事でのストレスを軽減し、効率をアップする方法をお話しします。

6月3日(日)

10:00-10:50 ( 50分)

大榮歯科産業 株式会社  ]

トータルヘルスプログラムが提供するセルフケア処方

トータルヘルスプログラムが提供するセルフケア処方

医療法人社団つじむら歯科医院
理事長

辻村 傑  先生

歯科医療は口腔内の疾患管理だけでなく、全身の健康へ寄与する時代へと変わり、さらにこれから数年で国の方針にも明確化され始めた、人生100年時代をサポートできる医療の構築が急務となってきている。患者と二人三脚で口腔機能の維持・増進を行うためには、患者満足を高められるセルフケアトレーニングが必要であることは言うまでもない、今回はこのセルフケアトレーニングを支える上で自由診療にて高い満足度を得ているトータルヘルスプログラムに用いられているセルフケアグッズのコンセプト、エビデンスについて明日からの臨床に導入でき、活かせる、そんな時間を提供させていただきたいと考えています。

11:10-12:00 ( 50分)

日本歯科薬品株式会社  ]

口腔乾燥患者が快適に使用できる義歯安定剤

口腔乾燥患者が快適に使用できる義歯安定剤

国立長寿医療研究センター 歯科口腔先進医療開発センター センター長

角 保徳  先生

超高齢社会を迎え、快適な食生活を維持するために義歯安定剤を必要とする患者が増加しています。現在、よく使用されている義歯安定剤としてクリーム、粉末、シートタイプがありますが、これらは全て唾液(水分)を吸収することで粘着力が高くなるように設計されており、唾液が少ない口腔乾燥患者では高い粘着力を発揮することができません。唾液が少ない状態で既存の義歯安定剤を使用すると、装着時に痛みや違和感が生じ、QOLを低下させます。また、粘膜を傷つけやすくなり、褥瘡性潰瘍のリスクも高まります。本セミナーでは、こういった諸問題を解決するべく、新たに開発した口腔乾燥患者が快適に使用できる義歯安定剤についてお話しします。

12:20-13:10 ( 50分)

株式会社 松風  ]

歯科医院における口腔写真の活かし方~アイスペシャルCⅢを用いて~

歯科医院における口腔写真の活かし方~アイスペシャルCⅢを用いて~

フリーランス 歯科衛生士
谷山歯科医院

谷山 香織  先生

日常診療において基礎資料を集めることは、患者さんにとって治療を行う上で非常に有益であり、私たちの治療を円滑に進める上で重要です。

その中のひとつに口腔内写真があります。デジタル化により手軽にスピーディーに撮影できることが可能になりました。
ここ数年、保険制度においても導入され、ますます歯科医院において必要不可欠な資料のひとつとなってきました。
日々の診療の中でスムーズに溶け込めるように、口腔内写真の撮影法と様々な場面における活かし方をお話していきたいと思います。

13:30-14:20 ( 50分)

デンツプライシロナ 株式会社  ]

違いのわかる歯科医とは?

違いのわかる歯科医とは?

日本歯科大学生命歯学部
歯科麻酔学講座 教授

砂田 勝久  先生

「降圧薬飲んでるのね、とりあえずブスッ」、「糖尿病ですか、それじゃあブスッ」、「血液サラサラ薬かあ最近多いんですよね、ブスッブスッ」。とまあこれはちょっと極端ですが、毎日何気なく使っている麻酔薬には3種類あるのをご存知でしょうか?そしてそれぞれの特徴は?どのような場合には、どのような麻酔薬・麻酔方法が適しているのでしょうか?さまざまな病気を持った患者が来院する現代の歯科医療に必要な麻酔の知識について、お話ししたいと思います。

6月2日(土)

14:15-14:45

[注]講習会の申し込みは、福岡県歯科医師会ホームページ若しくはFAX(092-771-2988)で事前に申し込みください。

6月3日(日)

10:00-15:35

[注]講習会の申し込みは、福岡県歯科医師会ホームページ若しくはFAX(092-771-2988)で事前に申し込みください。

※6月3日開催の院内感染防止対策は15時05分から15時35分で講習