生涯研修SEMINAR

C会場

5月31日(日)

12:20 〜  13:10

株式会社 ジーシー  ]

患者さんと共に進める歯周治療〜患者さんの変化に気付いていますか?〜

患者さんと共に進める歯周治療〜患者さんの変化に気付いていますか?〜

福津市 水上歯科クリニック 歯科衛生士

下田 裕子  先生

内容:
歯周治療は長期に渡るため患者さんのプラークコントロールの不安定やモチベーションの低下など思うようにいかないことも多々有ります。また加齢、体調の変化や生活背景などが原因で今まで問題なかった口腔内にトラブルが発生することもしばしばあります。歯科衛生士は患者さんの口腔内や体調の変化のみならず何気ない日常会話からその変化に気づき柔軟に対応することが大切です。歯周治療は患者さんに合わせた「オーダーメイド医療」であるため患者さんの個体差を把握することで歯周治療をスムーズに行えると考えています。今回は歯周治療を行う上で特に大切なモチベーションの維持とプラークコントロールの安定についてお話ししたいと思います。

分類:
歯科医師対象, 歯科衛生士対象, 歯科助手対象