2018九州デンタルショー

会期:2018年6月2日(土) [12:00-19:00]・3日(日)[9:00-16:00] 会場:マリンメッセ福岡 入場無料 (関係者のみ入場可能) ※一般の方はご入場できません

白い歯・見つめる未来

■ ホームページリニューアルに関してのご案内

この度、ご来場の方々に効率良く見学していただくため、ガイドブックを冊子から新規ホームページに移管し、閲覧出来るようにいたしました。企業名、商品名、セミナー等、ご希望の情報を簡単に検索できるようにいたしました。
是非、ご来場の際には当ホームページをご活用ください。尚、当日総合案内所においてもご活用いただけます。

INFORMATION
最新情報

 一覧

2018.02.27
サイトオープン

PR動画

PR動画のサムネイル

クリックすると再生されます

EVENT OUTLINE OF KYUSHU DENTALSHOW
開催概要

名   称 2018 九州デンタルショー
テ ー マ 「白い歯・見つめる未来」
開 催 日 時 2018年6月2日(土)12:00~19:00
2018年6月3日(日)09:00~16:00
会   場 マリンメッセ福岡
福岡市博多区沖浜町7-1
事務局/TEL 092-283-7005
[開催期間中/TEL 092-262-3975]
入 場 料 入場料無料
※一般の方はご入場出来ません
主   催 一般社団法人 福岡県歯科医師会
福岡県歯科用品商組合
協   賛 一般社団法人 福岡県歯科技工士会
一般社団法人 福岡県歯科衛生士会
九州歯科用品商協同組合
後   援 一般社団法人 日本歯科商工協会
日本歯科用品商協同組合連合会
協   力 (株)フジヤ
運営事務局 福岡県歯科用品商組合 九州デンタルショー係
事務局 高瀬 芳子
〒812-0028 福岡市博多区須崎町4-23
TEL:092-283-7005 FAX:092-283-7006
開催期間中現場事務局:
TEL092-262-3975 FAX092-262-3373
[会場内]

MESSAGE
ご挨拶

福岡県歯科用品商組合 理事長 堤一弘の写真

福岡県歯科用品商組合
理事長堤 一広

この度、第43 回「2018 九州デンタルショー」は「白い歯・見つめる未来」をテーマに平成30年(2018 年)6月2日(土)と6月3日(日)の2日間「マリンメッセ福岡」におきまして開催する運びと相成りました。

九州デンタルショーは昭和36年に歯科器材展示会を行って以来今回で43回目となり、10000名以上の来場者が集う我が国でも最大級の歯科器材展示会となりました。マリンメッセ福岡の広いスペースを生かした幅広い展示内容や著名な講師陣をそろえた生涯研修プログラムは、毎年高い評価をいただいております。

今年度は2017年12月に大臼歯へのコンポジットレジンCAD/CAM冠が保険適用され、今までの金属アレルギーのある患者のみの保険算定可能から、「上下顎両側の第二大臼歯が全て残存し、左右の咬合支持がある患者に対し、過度な咬合圧が加わらない場合等において下顎第一大臼歯に使用する場合」の場合にも算定が可能になりました。

これにより歯科におけるCAD/CAM の普及はさらに進んでいくと考えられ、歯科治療のデジタライゼーションはこれからの歯科器材・歯科治療を変えていく原動力となっていくでしょう。これらの最先端技術に加え、従来の歯科機器・材料もさらに進化し、もっと患者に有益で優しいものとなっていくものと思います。「2018 九州デンタルショー」では、これら最先端の歯科医療機器、材料等、数々の商品・情報にいち早く触れていただくために、出展者が各ブースで先生方をお待ちしております。

また、今回は初めての試みとして歯科外来診療環境体制加算(外来環)の講習が福岡県歯科医師会主催により、日曜日に開催されます。歯科診療時における、より高度な感染症対策の取り組みの必要性が求められる昨今、厚生労働省の定めたこれらの基準の取得が注目されています。講習会場には歯科外来診療の総合的な環境整備に必要な機材を展示するために各メーカーのブースも設置致しておりますので、ぜひご覧ください。

本年度は出展業者数も昨年度より7社増加し過去最大規模の九州デンタルショーとなっており、マリンメッセ福岡の広い会場を効率よくご覧いただけるよう検索コーナー及びホームページのさらなる充実を図っております。毎回ご好評を頂いております抽選会も、魅力ある景品を多数揃え皆様のご参加をお待ち致しております。

この開催を通じて、九州をはじめとする歯科業界の活性化と発展に寄与し、さらには歯科医療に少しでも貢献きればと切願っております。

最後に、本年度も(社)福岡県歯科医師会、 (社)福岡県歯科技工士会、 (社)福岡県歯科衛生士会の諸先生方には九州デンタルショーへご理解、協力、ご支援を頂きましたことを関係 者一同、心より感謝申し上げます。

一般社団法人福岡県歯科医師会 会長 熊澤榮三の写真

一般社団法人福岡県歯科医師会
会長熊澤 榮三

向夏の候 皆様方には益々ご清祥のこととお慶び申し上げます。

昨年、7月に発生した九州北部豪雨からもうすぐ一年が経とうとしておりますが、被災地の一日も早い復興を心よりお祈り申し上げます。また、当時の歯科医療支援活動において、歯科用品商組合並びに関係業者の皆様からは、被災地に必要な多くの歯科関係器材のご提供等、多大なご協力をいただきました。この場を借りて改めてお礼申し上げます。

さて、超高齢社会を迎えた日本では、いかにして高齢者の健康寿命の延伸を図るかが大きな命題となっており、福岡県では平成30年6月から新たな健診制度として後期高齢者歯科健診を実施し、口腔機能低下や肺炎予防等のため口腔ケアの推進を図ることとしております。

また、ライフステージにおける幼少期からの口腔ケアを推進するため、県行政が実施する学童期むし歯予防推進事業に協力し、県内の小学校においてモデル校を選定し、フッ化物洗口を実施する等、科学的根拠に基づくむし歯予防の正しい知識の普及啓発を図っております。

こうした口腔の健康管理には、我々歯科医師は当然のことながら、歯科器材や歯科材料を提供いただいている歯科用品商組合との連携は大変重要であると考えております。

九州デンタルショーは、福岡県歯科医師会並びに福岡県歯科用品商組合の主催により、今年度は、「白い歯・見つめる未来」というテーマのもと、全国の歯科関係業者に参加願い、IT技術を駆使した歯科医療機器をはじめとした様々な最新の歯科器材を展示し、毎年、多数の歯科関係者の皆様にご来場をいただいております。

なお、今年も展示各社のご協力により、生涯研修事業のための研修を実施しており、今年度は、東京医科歯科大学臨床研修医指導医の内山 茂先生による「SPTを基本に長期メインテナンスを考える」という演題で研修会を行うとともに、平成30年度歯科診療報酬改定に伴う施設基準の届け出に対応した講習会を2日に渡り開催いたします。また、歯科医師会ブースでは、医療保険や医療事故、入会に関する相談窓口を設置していますので、多数のご参加をお持ちしております。

最後に「2018九州デンタルショー」の開催にあたり、福岡県歯科用品商組合並びに関係各者のご努力に、心から感謝申し上げます。