開催概要

名称 九州デンタルショー2024
テーマ 「白い歯・みんなで守るその笑顔」
開催日時 2024年6月1日(土)12:00~19:00/6月2日(日)9:00~16:00
会場 マリンメッセ福岡 A館 (福岡市博多区沖浜町7-1)
事務局/TEL 092-283-7005   [開催期間中/TEL 092-262-3975]
※昨年と会場が変わります
入場料 入場料無料
※一般の方はご入場出来ません
主催 公益社団法人 福岡県歯科医師会/福岡県歯科用品商組合
後援 一般社団法人 日本歯科商工協会/日本歯科用品商協同組合連合会
協賛 一般社団法人 福岡県歯科技工士会/一般社団法人 福岡県歯科衛生士会/九州歯科用品商協同組合
協力

(株)フジヤ

【設置事業関係各社様へ】
基礎図 
基礎拡大図 

運営事務局 福岡県歯科用品商組合 九州デンタルショー係
事務局 高瀬 芳子
〒812-0028 福岡市博多区須崎町4-23
E-mail:info@kyushu-dentalshow.jp
TEL:092-283-7005 FAX:092-283-7006
開催期間中現場事務局:TEL092-262-3975 FAX092-262-3373 [会場内]

ご挨拶

一般社団法人福岡県歯科医師会 会長の写真

公益社団法人福岡県歯科医師会
会長江里 能成

 皆様方におかれましては時下益々ご清祥のこととお慶び申しあげます。

 まず、令和6年1月1日に発生しました能登半島地震により犠牲となられた方々に、謹んでお悔やみを申しあげますとともに、被災されました皆様に心からお見舞い申しあげます。
被災地の一日も早い復興を心からお祈り申しあげます。

 さて、昨年の九州デンタルショーにおいては、世界水泳の影響を受けて、例年と異なる会場での開催となり、関係者の皆様は何かとご苦労があったかと思いますが、昨年工夫されたことが、今年のマリンメッセ福岡会場でも活かされるとうかがっておりますので、ぜひお楽しみください。

 今年は、6年に一度の「診療報酬」「介護報酬」「障害福祉サービス等報酬」のトリプル改定の年となります。
これまでの改定は4月1日に施行されてきましたが、電子カルテやレセコンベンダの改定作業並びに、医療機関・薬局等の改定作業が逼迫し、大きな負担がかかってきたことから、今回の改定では診療報酬及び一部の介護報酬は6月1日施行に後ろ倒しされております。
このことが各メーカーやベンダの皆様の負担軽減に繋がることを願います。

 また、日本の至る所でDX(デジタルトランスフォーメーション)が謳われている中、今年の1月1日からは電子帳簿保存法の義務化が開始されました。
医療界においてもDXの波が押し寄せており、オンライン資格確認、オンライン請求、電子処方箋、マイナ保険証、電子カルテなど国の施策に沿ったこの流れに振り回される状況にあります。

 しかし、DX化に対応できない医療機関が一定数あることも現実で、その方たちが決して取り残されないよう日本歯科医師会を通じ国への働きかけをお願いしながら、本会としても対応を行っていく所存ですが、対応にはメーカーやベンダ、関係者の皆様のご助力なくしては進めることができません。
この他にも、物価高騰・人材確保等、歯科界を取り巻く環境は厳しさを増すばかりですが、歯科医療にかかわる関係者が一丸となって乗り越えていきたいと思いますので、皆様方のより一層のお力添えをいただけますと幸いです。

 加えて、今年4月の福岡県歯科口腔保健推進計画(第3次)の策定を受けまして、弊会としましても、高齢期におけるオーラルフレイルや学齢期におけるフッ化物洗口等、各ライフステージの特性に応じた事業を展開し、より充実した歯科口腔保健を推進することで、地域社会や県民の皆様へ貢献できるよう努めてまいりますので、引き続き皆様方におかれましてはご指導を賜りますようお願い申しあげます。

最後に、皆様方のご健勝とご活躍、並びに福岡県歯科用品商組合の益々の発展を祈念いたしまして、挨拶とさせていただきます。
皆様方のご来場を心よりお待ちいたしております。

福岡県歯科用品商組合 理事長 山崎龍也の写真

福岡県歯科用品商組合
理事長山﨑 龍也

 まずはじめに、令和6年1月1日に発生しました能登半島地震により犠牲となられた方々に、謹んでお悔やみを申しあげますとともに、被災されました皆様に心からお見舞い申しあげます。
被災地の一日も早い復興を心からお祈り申しあげます。

 この度、「第47回九州デンタルショー2024」は「白い歯 みんなで守るその笑顔」をテーマに2024年6月1日(土)、2日(日)の2日間、「マリンメッセ福岡A館」にて開催いたします。

 昨年は世界水泳開催のために「福岡国際センター」にて開催しましたが、今年からは会場を「マリンメッセ福岡A館」に会場を戻しての開催に際し、出展社や関係各社の皆様のご協力を賜り心より感謝申し上げます。

 今年の新しい試みとして、昨年好評でした回廊型動線のアイデアを取り入れて新しいレイアウトでの動線を試みる形となりました。
毎年スムーズになっていくとお声をいただいている来場の際の事前登録システムや歯科大歯学部および歯科関係学校のブース、会場外にはキッチンカーも設置して来場される方々が笑顔になるための取り組みを実施いたします。

 この笑顔というのが今回のテーマにもあるように、悲しいニュースでスタートした2024年から笑顔を溢れる年にしていけるように来場者、出展者、関係者皆様の笑顔で溢れるような九州デンタルショーにしたいと思っております。

 最後になりますが、九州デンタルショーでの情報提供が歯科医療に従事されている皆様にとって明日の一歩に進んでいく一助になれば幸いです。

 皆様のご来場を心よりお待ちしております。